朝になると仕事に行けない!考え方を変えて楽になる方法

毎朝起きると仕事に行けない行きたくない、そういう精神状態悩んでいるあなた。仕事には仕方なく行ってる人も多いかと思いますが、朝になると仕事に行けないというのは、自分では気づいていなくても、心の中に実は大きなストレスを抱えている場合が多いです。

このストレスを見て見ぬふりをしていると、いずれ大きな問題になってしまうかもしれません。あなたと同じように苦しんでいた状態から、脱出することができた方の克服方法をご紹介します。

スポンサーリンク

職場で一人ぼっちで心が折れそう

20代 女性

何社も面接を受けてやっと中途採用で入社した会社だったのですが、なぜか会社で浮いてしまい、話しかけてきてくれる人もいなく、ひとりぼっちでした。

仕事はこなすことができたのですが、職場で孤立してしまったということで精神状態がボロボロになってしまい、家に帰ってもぐったりしてすぐに寝てしまうという状況でした。

仕事自体は嫌ではなかったですし、このことでまた転職するにしても次が見つかるかどうかわからなかったので、考え方を変えることにしました。

孤立するということは、職場のつまらない飲み会や、面倒なイベントに行かなくてもいいので、メリットになるのではないか。職場の人間関係に依存せずに、仕事以外の場所で人間関係を作り負けることが重要なのではないかと。

こういうふうに考え方を変えてから、会社帰りに習い事をすることを始めました。自分の仕事はミスすることなく、周りに迷惑をかけずにしっかりとこなし、できるだけ定時で帰るようにする。それだけで十分だと思います。今では習い事で多くの友人もできたので、今では休みの日も充実しています。

スポンサーリンク

仕事が終わったらさっさと帰る

朝になると仕事に行けないというのは、些細なことなのかもしれませんが、なぜ仕事に行けないのかということをきちんと掘り下げて考えることが重要です。デメリットも考え方を変えれば、メリットになります。

ましてや会社お友達を作ることではないので、仕事さえきちんとこなせば、そんな余計なことを考える必要はないわけです。孤立しているなら孤立しているで、面倒な人間関係に巻き込まれなくて済む、というのもメリットです。

仕事行きたくない
スポンサーリンク
お仕事行きたくないときの解決方法
タイトルとURLをコピーしました