朝になるとなぜか仕事に行きたくない!解決策はコレ

毎日毎日、朝になって目覚めると、仕事に行きたくなくて憂鬱な毎朝を過ごしているのではありませんか?

仕事に行きたくないと思っていたって、無理やり朝の準備をして会社に行きますよね。でも、そういう状態が長く続いていけば、精神状態が持たなくなってきて、必ず体にも支障が出てきます。つまり、体が言うこと聞かなくなってくるのです。

我慢しながら会社に行き続けていると、会社に行こうと思っても行けない状態になってきますよ。

あなたと同じような状態から、克服できた方の体験談をお伝えいたしますので、ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

会社に行きたくない理由が自分でも分からない

20代女性

朝になると仕事に行きたくはないけれども、頑張って電車に乗って会社に着くと、仕事はこなすことができる。人間関係もそんなに悪くない。仕事自体も4年ほど勤めているので、今更難しい業務でもない。

ではなぜ、毎朝目覚めるとあんなに会社に行きたくないのか、自分でとことん考えてみました。すると、出た答えが、「通勤時間が長い」ということでした。

私の場合は家賃の関係で、都市部よりも少し離れた郊外に家を借りています。ですので、家賃は都市部よりも安いですが、通勤時間が多くがかかっているのです。約1時間ほどかかります。

毎朝毎朝、満員電車に揺られて、それだけで疲労困憊してしまうのです。朝の時間帯なので満員電車に乗ることは慣れていたつもりだったのですが、私にとってはそれが一番の疲労の原因だったのです。

今のところは家賃も安いですし、引っ越すつもりはないです。

では、どうやって解決したかと言うと、午後11時出勤の会社に転職しました。朝のラッシュ時間を避けることができるので、前よりもとても楽になりました。

電車がそこまで混んでいないので、通勤時間の1時間の間に、ネットニュースのチェックや、kindleで本を読むこともできとても充実した時間になりました。

スポンサーリンク

出勤の時間帯をずらす

出勤時間が遅い会社に転職をする。これは、すごくいい方法ですね。転職するにしても、いつも通りの出勤時間だと、転職した意味がありません。

少し時間をずらすだけで、通勤時間でさえも有意義な時間に変えてしまう。終業時間もそこまで遅くならないので、そこまで体の負担にはならないかと思います。是非参考にしてみてください。

仕事行きたくない
スポンサーリンク
お仕事行きたくないときの解決方法
タイトルとURLをコピーしました